イカの塩辛

買い物に行ったら、生きのいいスルメイカが5杯で380円で売ってました。
これは イカの塩辛か!
ということで、イカの塩辛を作ります。
いろいろレシピを見て作ってみたのですが、短縮版で十分おいしいので、家では短縮版で作ります。
時間は少し干したり、塩漬けにするので2時間くらいかかりますが、手間はイカの刺身を作るのと余り変わりません。
買ってきたイカ5杯です
20100812スルメイカ01.jpg
イカの内臓を抜いたところ
20100812スルメイカ02.jpg
墨袋がほとんど無かったので、墨袋を削除する工程はカット
お尻についているのは使いませんが、切り離すとワタが漏れる事があるので、そのまま塩漬け
塩は岩塩を使っていますが、あるやつでかまいません。量は全部のワタが被るくらい入れます。
ワタを塩漬けしたところ
20100812スルメイカ09.jpg
ワタを抜いたイカ
20100812スルメイカ03.jpg
エンペラを切ります
20100812スルメイカ04.jpg
イカを開くところ
20100812スルメイカ05.jpg
開いたら中骨を取ります
20100812スルメイカ06.jpg
キッチンペーパーで皮を剥きます
20100812スルメイカ07.jpg
皮を剥いたイカ
20100812スルメイカ08.jpg
竹串を刺して干します
20100812スルメイカ11.jpg
20100812スルメイカ10.jpg
焼肉なのでゲソとエンペラは焼いて食べちゃいます。ていうかイカがあったので焼肉にしました!
食事前にさばいて干したり塩漬けにしたりして、食事後に完成させると楽チンです。
ここまでが食前の作業です。
ここから食後の作業
塩漬けにしておいたワタを塩を軽く手で取って、まな板に搾り出します。
少し筋などがあるため、包丁で叩いて細かくし、保存容器に入れます。(写真撮りそこないました)
その後干したイカを半分にして、短冊切り
20100812スルメイカ12.jpg
ワタを入れた容器にどんどん移します
20100812スルメイカ13.jpg
ワタとよく混ぜます
20100812スルメイカ14.jpg
家では、香りを良くするために、自家製の冷凍保存ユズ胡椒を入れます。
無い場合はゆずの皮をすったものや、レモンの皮でもいいですし、無くてもかまいません
20100812スルメイカ15.jpg
20100812スルメイカ16.jpg
混ぜて味見をして、塩・みりんを適当に入れます。
今回は、塩小さじ1/4くらいと、みりん10ccくらい入れました。
完成したら冷蔵庫に入れて保存します。
私は熟成した塩辛より浅めのほうが好きなので、次の日から食べちゃいますが熟成したのが好きな人は、3日後くらいから食べ頃となります。
8/13朝の塩辛
20100813塩辛1.jpg
馴染んできていておいしそうです。
朝食はパンだったのですが、少し味見しました。
20100813塩辛2.jpg
なかなかの出来です。ご飯に乗せるには塩が少し足りない感じですが、つまみでは最高ですね!
日本酒が進んじゃいそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました