トマト 少し装置改良

トマトの水耕栽培装置で不完全だったアスピレーターでのマイクロバブル発生ですが、6mm内径のシリコンチューブとエアの流量制限で、結構細かい泡が出るようになりました。
20100623トマト吸気口.jpg
エアストーンも下記のバブルガーデンに変更しました。
これはゴムで出来ていて曲がるので、いい位置に空気を送り込めます。
20100623トマト根.jpg
20100623トマト全景.jpg
20100623トマト実.jpg
しかし、着果率が悪すぎるので、残念ですがトマトトーンを使ってみました。
これでいっぱいできるでしょうか?
水18L
アミノハウス1号  90cc  150g/L
大塚ハウス2号  90cc  100g/L
大塚ハウス5号  18cc   30g/L
大塚ハウス9号  20cc  100g/L
の液肥を10L追加・・とうとう水奴隷になってきたようです。
週末には少し下の葉を剪定しないと・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました