食洗器 Panasonic NP-TZ300 失敗 再設置

上手く設置できたと思ったPanasonic NP-TZ300でしたが、使ってみるといろいろ問題点が出てきました。

・南側のキッチンカウンターに乗せたので、キッチンが日中でも暗い
・上部の排気口が前側に付いていたので、排気口上部の木部に結露
・上段の食器を入れるのに嫁さんだと背伸びが必要(身長は160cmちょいです)。
・キッチンからTVが見えなくなった。(これは想定内ですが・・)

食洗器の排気口

以上により、設置位置の再検討をします。
シンクの右側もカウンターっぽくなっているのですが、奥行きが15cmしかありません。
しかし、現状では設置できる場所はここしかないので2案を検討しました。

再検討案

案1高さ調整脚+専用ステンレス置台を使う
 課題:・シンクの横のスペースが15cmないので不安定。
    ・結露に対しては解決しない。
    ・コストは1万弱

案2カウンターの下にもぐりこませるカウンター下台を制作or購入
   制作するには時間があまりないので、購入方向で検討
 課題:・カウンター下だと高さが1mのため、種類が少ない。+奥行きが30cm以上欲しい。
    ・コスト激増+4万程度

ということで、カウンターの下に潜り込ませる台を探しまくりました。
条件は、幅は80cm-100cm、高さは99cmになるべく近いこと、奥行きは35cm-50cm
・キッチン脇に設置するので、上部天板は丈夫な塗装
・引き出しのほうが使い勝手がいいので引き出しタイプ・スライドレールは必須
探す条件が厳しく苦労しましたが、なんとか見つけました。

カウンターの上部より40mmほど下になるので、カウンターの面に合わせた設置がしたいと思い、カウンター下台設置後にカラー棚板(600×250×9-18)を厚みを合わせて設置したいと思います。

再設置

キッチンカウンター台の設置

作り付けのキッチンカウンターの下に潜り込ませるように設置します。
高さが99cmのため、1cm余裕があるので、すんなり設置できました。
以下が仕様です。持ち運びを一人でやると腰をやりますので、注意してください。
アトラ  幅80cm キッチンカウンター
サイズ 外寸:幅80×奥行47×高さ99cm 
梱包サイズ 幅83×奥行50×高さ102cm(重量:約50kg)

キッチンカウンター台を設置して、カウンター上面との高さを確認したところ、34mmでした。
18mmのカラー棚板を2枚重ねて使用します。

設置後水準器で測定してみたら前下がりでしたので、急遽耐震ストッパーを手配しました。
入れたらわずかに後ろ下がりになりましたが、引き出しが閉まったりはしないので問題なしです。

なかなか良い質感で、天板も硬質塗装で丈夫そうです。棚の感じはニトリのキッチン家具と同じような作りですが、スライドレールの感触はニトリのほうがよかったです。
ニトリのやつは高さが5cm不足なので設置が難しいですが・・・

設置後に、一番上と2番目の引き出しが最後まで閉まらないのに気が付きました。2番目の引き出しは押し込むと奥まではいくのですが、すぐ1cmくらい開いてしまいます・・・
販売会社に問い合わせをするも、休日の2021/5/1着で、お休みみたいで返事がきません・・・

2番目の引き出しが完全に閉まりません

20201/5/6追記
やっと返答が来て、取り外して再度入れてみて下さいとの返信
詳細なスライドレールの外し方を教えてもらい、やってみましたが改善せず・・・
2番目と3番目の引き出しを交換したら、微妙に開きますが大幅に改善しました。
再設置するのはあまりにも面倒なので、これでOKとします。(そのうちスライドレールを交換しちゃいそうですが・・・(板がMDFっぽいので木ねじだと耐久性が気になりますけど・・)

見た目や使い勝手はなかなかですので、良い買い物でした。

食洗器 設置

分岐水栓が届かないので左右を入れ替えるため今回はモンキーなどが必要ですが、不要の場合は分岐水栓関係は飛ばしてください。

使用工具など

ドライバー (アース線の取り外し)
大型モンキーレンチ(分岐水栓を外す)
雑巾(排水・給水ホース取り外し時に水が漏れます)

設置作業


まず、電源ケーブル・アース線を取り外します。
水道の元栓を閉めます。水栓を開いて残っている水を流します。

排水・給水ホースを取り外します。水が漏れますので雑巾などで受けてください。

分岐水栓を左右入れ替えます。水が漏れますので雑巾などで受けてください。
G1/2(G13)という規格のボルトで留まっていますので、大型のモンキーレンチで外してください。

カラー棚板を2枚仮設置し、食洗器を上に置きます。
給水・排水ホースがどのようになるかを確認して、問題なければカラー天板を薄手の両面テープで貼り付けキッチンカウンター台とも貼り付けます。(地震などによりずれたりしないようにするため)

この後の作業は「食洗器 Panasonic NP-TZ300 設置」の後半と同一なので、参照ください。

感想

4万円ほど余計にコストがかかりましたが、キッチンが暗いのも、TVが見えないのも、結露も、届かないのも解決です。綺麗に設置ができ収納も出来たので、嫁さんは大喜びです。

食洗器に変えると中に入れたままで洗浄から乾燥までできるのですが、茶碗やマグカップなどの後ろ側にある高台の中に水がたまったままになりやすいです。
せっかく乾いたのに上のマグカップから水がこぼれ落ちてきて、がっかり・・・
大きいサイズのマグカップが斜めに入らないとか、いろいろあり次は食器の検討です!

関連記事
食洗器 Panasonic NP-TZ300 事前検討
食洗器 Panasonic NP-TZ300 設置
食洗器 Panasonic NP-TZ300 失敗 再設置
食洗器 食器の検討

コメント

タイトルとURLをコピーしました