引っかかるケーブルを DIYでマグネットコンセント に変えて 快適にしたい! その1(検討)

照明のスイッチを交換して快適になったmotoです。探していた時にとっても気になるものがありました。Panasonicのマグネットコンセントです。
卓上の電気鍋などに使われるやつをコンセントにしちゃった感じです。これに変えればお年寄り小さな子供ペットがいてもケーブルを引っかけて危なくならなそうです。

2021/6/4追記
セットで半額以下の商品を見つけて、リンクを貼りなおしました。
本日で@660円です。

そうしたら普通のコンセントもマグネットコンセントにできるのもあるじゃないですか!
ちと見た目は今一ですが、コンセントに刺すだけの手軽さがいいですねー

先だけでも売っていますし、思ったよりも安い!
これならIH鍋とか掃除機とか電気ポットとかを変えとけば万一でも安全です!
(すでに電気ポットは落とされて壊されています、なんとか直しましたが・・・やけどしなかったのが幸いです)

落とされて直した記事
ポリプロピレンの熱溶着(電気ケトル修理)アイリス・オーヤマ IKE-1001

20年以上使っているのでそろそろコンセントも変え時だし!
家じゅうのコンセントを変更してしまおう!ということで、お安いところを探してぽちります。

特長 Panasonic HP参照

ついうっかり引っ掛けても、ポンと外れるから安心です。

よくありますね、アイロンのコードにつまずいておっとっと。お年寄りならケガが心配です。
この磁石式のコンセントなら、引っ掛けてもポンと外れて大丈夫。差し込むのもラクです。

①足が引っ掛かっても②すぐに外れて安心
  • ●一般のプラグをアダプタに差し込むことにより使用できるマグネット式コンセントです。
  • ●上下左右方向へコードを引っぱるとコードが外れます。
  • ●コンセントは、導電部が露出しない扉付構造で安心。
足にコードが引っ掛かってもプラグが外れます。抜けやすいマグネットプラグでらくらく着脱。

検討

コンセント数確認

抜き差ししてケーブルが邪魔になるコンセントを数えます。
家では7か所ありました。壁コンセント5個・タップ2個
コンセントの最大電流は15Aですので、特にタップ系は注意しましょう

機器の確認

ケーブルを引っかけて危ない機器で、しょっちゅう抜き差しを行う機器は
思いつくのは卓上IH鍋・電気ケトル・掃除機・電気ストーブ・電気アイロンくらいです。
便利だったら、先だけ別売もあるので後でも購入できますしね。

壁コンセント2個は増設したいので、金具も検討しないといけません。
壁の石膏ボードは12.5mm厚でしたので、挟み込み金具を使用します。
PanasonicのWN3996が9mm-30mm厚対応で、全周金具なのでガタつくこともなさそうで、2個使えば2連コンセントにも使えます。

購入機器

埋込マグネットコンセント  WTP13404WKP  5
マグネット用アダプタ   WH66012WP    2
マグネットタップセット  WH6601WP     1
石膏ボード用はさみ金具  WN3996      2

交換が完了したら記事にしますので、少々お待ちくださいね。

注意事項

作業は単純ですが、間違えたりすると感電や火災の恐れもあります。
この作業には電気工事士2種以上の資格が必要になります。

関連記事

照明スイッチDIY交換 Panasonic コスモシリーズワイド21 その1(1個用スイッチ交換)
照明スイッチDIY交換 Panasonic コスモシリーズワイド21 その2(2個用スイッチ交換)
引っかかるケーブルを DIYでマグネットコンセント に変えて 快適にしたい! その1(検討)
引っかかるケーブルを DIYでマグネットコンセント に変えて 快適にしたい! その2(取付)

コメント

タイトルとURLをコピーしました