LEDライトの分解調査・照度測定

お安く買ったLEDライトを分解調査してみました。
外観
20100821LED01.jpg20100821LED02.jpg
パワーLED部
20100821LED03.jpg20100821LED04.jpg
OPTOSUPPLY社の1WパワーLEDだと思われます。光束80ルーメン
電源供給部
20100821LED05.jpg
このIC等から見ると定電流回路が組み込まれているようです。
(ばらしたかったのですが、接着剤で付いていて再起不能が怖いので・・)
点灯実験
20100821LED06.jpg
相当明るいです。910円で落札した商品ですが、思ったよりいい買い物をしました。
照度測定 10cm
20100821LED10cm.jpg20100821LED10cm2.jpg
LEDから10cmの距離で、18,640Luxです。
照度測定20cm.30cm
20100821LED20cm.jpg20100821LEC30cm.jpg
反射板が入っているので、思ったよりは照度の低下が少ないです。
考察
測定結果から考えると、吊り下げにして10-20cmの距離で照査すれば、LED照明でも使えそうです。
ただ白色LEDだと緑成分が多いので、赤と青のLEDで栽培を考えると、50ルーメンとか15ルーメンになります。
育苗で実験してみるかなー?パルス照射とかの実験もしてみたいです。
今のところ候補のLEDは、RGB3WハイパワーLEDを検討しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました