Panasonic 空気清浄機 F-VXF65 分解 掃除

ヤクオフで売っても1,000円程度、粗大ゴミだと+500円かかるので、最近使っていなかったパナソニックF-VXF65空気清浄器を使うことにしました。フィルターを外して運転してもかび臭いので全分解して洗浄することにしました。

うまくいけば、2017年に購入したF-VXM90も分解掃除をしたいと思います。
この分解方法は、F-VXE60・F-VXF70・F-VXE65でも使えると思います。よくルーバーのギヤが飛んだり、モーターが壊れた場合も同様の手順で分解修理が可能だと思います。

2021/1/20追記
アマゾンで購入した最初の奴は、サイズが合わなくて実装できませんでしたので、返品してしまいました。今安いフィルターを探して購入しましたので、使用後のレビューを又投稿します。
2021/3/4追記
使用感は純正とほとんど変わりませんが、少しサイズが小さいので埃が入っちゃいます。薄いスポンジテープを周りに巻くと問題なさそうです。

必要材料・工具など

  • 集じんフィルター F-ZXFP70 約425×265×50mm
  • 脱臭フィルター F-ZXFD70 約425×265×10mm
  • 加湿フィルター FE-ZEV06 直径約256×15mm
    プラスチック用グリス スーパールブ
    ・アマゾンには安い互換フィルターが多数出ていますが、サイズが合わないのが多いので、注意してください。上に実測値を載せておきます。
  • 3mmのプラスドライバー
  • 10mmのレンチ
    ミネシマ 細工ヘラ  TM-102
  • イソプロピルアルコール IPA 500ml(内部洗浄用)
  • クエン酸(水からの石灰質 除去用)
    掃除機
    パナソニック 掃除機用 手ぼうきノズル AMC-ANT1 口のサイズ32mm-35mmで使えます。
    細かい埃の掃除には最適でおすすめ

作業

準備作業

水タンク・その中の加湿装置などを取り外します。
前面のパネル・集塵用フィルター・脱臭用フィルターを取り外します。

埃がついていますので、掃除機と手ボウキノズルで吸い取ります。
何か外すたびに手ボウキノズルで吸い取ると汚れが拡散しないので良。

加湿関連の掃除

外したタンクなど加湿用に水を入れているところは石灰質が白くこびりつきますので、クエン酸の水溶液に浸しておきます。家ではお湯のほうが早く落ちるのでお風呂にお湯を張って、クエン酸を入れています。分量はお湯200mlにクエン酸小さじ1位ですが結構アバウトでもOK

本体の分解 その1

作業しやすいような台を用意します。(地面だと腰がつらいため)家ではリビングの机に乗せてます。
後ろ向きにして、取っ手のところのネジと水タンクのところのネジを外します。ネジ3本
その後下側の台を外します。ネジ6本
F-VXF65はほとんどのネジが同サイズなので混ぜても大丈夫です。

本体の分解 その2

表面を上にして、ネジを外します。5本
上側の表示パネルと本体が爪で勘合していますので、隙間から細工ヘラなどを使って外していきます。
この細工ヘラはしなりと硬さのバランスが良いのでお勧めです。家では殆どの電子機器の爪外しはこのヘラを使っています。

上の写真の様に3か所爪があります。結構硬いので折らないように時間をかけて外してください。

外れると基板が見えると思います。この基板のコネクターはすべて外します。(爪で止まっているコネクターは爪を押して外すこと・ケーブルを引っ張らないこと)基板からのルートを確認してください。ルートを間違えると電線を噛んだり、長さが足りなくなったりします。
特に電源は注意です。左側の太い線が電源です。

上の表示器の横のネジを外します。2本
その後、前面の網の周りの部分を上に押し上げて爪を外すと、網の周りの部分が外れると思います。

基板部もケーブルを外すと外れます。

分解 その3 &清掃

中側を持ち上げると裏側の本体と分離します。爪がかかっているところがありますので、軽くゆすりながら爪の位置を確認しずらしながら外してください。

中側のネジを5本外すとやっと臭いの元にたどり着きます。

そして、中央の網を外すと、掃除のメインの部分が出てきます。

10mmの逆ねじで止まっていますので、外していきます。
ナット・スプリングワッシャー・止め金具の順に外します。金具は戻すときに同じように締めてください。ぶれとか音の原因になります。

FANの上側にあるのが、ナノイーの部品です。これも取り外して放熱器的なところをIPAで掃除します。
FANは、先ほどのクエン酸の中に入れておきます。30分ほど漬け込んだら箸の先などに雑巾を巻いてFANの間の汚れをかき出します。汚れがこびりついているので苦労しました。
次に風の通り道の掃除を行います。FANのモーターは外さないので、IPAでプラ部分を掃除します。結構な量の汚れが付着していました。

ギア部はIPAで古いグリースと汚れを落とし、新しいグリースを塗ります。
私は少し高いですが、ほぼ万能に使えるスーパールブを使っています。私の場合は多様するわけじゃないので長期で使えており便利です。
このギア部はいいグリースじゃないと割れる可能性が高いので、CRC-556などは使わないようにしてください。粘度が低い物を使うと埃がつきすぎて割れる、プラスチックに使えるグリース以外は割れに繋がります。モーターの軸受け部は、スーパールブのオイル1滴以下(軸に触って少し流れたらOK、周りはふき取る)を追加します。

掃除が完了したら逆順に組立てていけば完成です。

以下は注意事項

  • ・部品が外れない場合は、ネジとか爪があるのでよく確認してから外す
  • ・ケーブルは本体に通すところがあるので、そこを必ず通す
  • ・ネジはタッピングビスのため、締めすぎるとプラスチックが割れるので締めこみすぎない
    ・電子部品には水などがかからないようにする
    ・コネクターを外すときは、ケーブルを持って引っ張らない
    ・1個ばらしたら写真に撮って残しておく

途中間違いがあると嫌なので最低限組み立てて、電源を入れて動作確認を行いましたが、特に問題なく動作しました。
臭いも完全に取れて、周りもきれいになったので、新品同様です。
後は新しいフィルターを付けて子供部屋に設置します。
今回はなかなかビスが見つからない&外れない等がありましたので、4時間かかってしまいました。要領よくやれば2時間ほどで掃除できるかなと思います。

お約束ですが、このHPを見て作業をして壊れたり、危険なことになっても当方は感知できません。
電化製品の分解を行うのでメーカー保証はなくなりますし、万が一事故が起きたときは自己責任となります。


関連リンク
空気清浄機のフィルターを長持ちさせる方法
Panasonic 空気清浄機 F-VXM90 分解 掃除
Panasonic 空気清浄機 F-VXF65 分解 掃除

コメント

タイトルとURLをコピーしました