ソフトチャンデバ用 Topping DM7 購入

 家のオーディオ環境をシンプルにするために、ソフトウェア―チャンネルデバイダーの導入を検討していました。ハードチャンネルデバイダーだとアナログからデジタル変換して(A/D)またアナログへ再変換するのは嫌だったが主な理由です。

その他は
・ソフトチャンネルデバイダーだと色々な種類が選べる
・将来のアップデートが楽
・構成機器が減り、音質の向上が望める
・Toppingから廉価でES9038PROが搭載された8chDACが発売された(2022/7)

今まで検討していたDAC(MOTU UltraLite mk5)

機能は豊富ですが以下の問題がありました。
・MOTU M4を購入して検討したら、ドライバーに癖がありすぎる。
・ES9026だとちょっと役不足
・これ以上の機種になると40万とかで無理・・・・

MOTU UltraLite mk5 18in 22out USB-C オーディオインターフェイス

MOTU UltraLite mk5 18in 22out USB-C オーディオインターフェイス

100,000円(03/05 07:08時点)
Amazonの情報を掲載しています

欲しいなと思ったのは以下ですが、無理です・・・

ソフトウェア―チャンネルデバイダーとは

ソフトウェア―チャンネルデバイダーは、元々の音楽データーをデジタル処理をして各DAC出力に振り分け各帯域専用のAMPを使ってスピーカーを駆動します。そのため、DAC側に全体をコントロールできるボリュームがあると、PC-DAC-AMP-SPというシンプルな構成にできます。

チャンネルデバイダーですから、各ユニットのLPF・HPFの設定はもちろん、パラメトリックイコライザーや遅延の設定や、フイルターの種類やスロープを-6dB/octからー48dB/octなど好きなように設定できます。

音場の設定などもRAWなどから取り込めるソフトもあるので、音場の設定もデジタルに行えます。
今回は2chまでなら無料なEKIOというソフトで、KEF FC62(スーパーウーハー)とフルレンジでの組み合わせて、DACはMOTU M4で試験をしてきました。

試していても、24bit/96kHzと24bit/192kHzの音質差は分からなかったのですが、KC62の本体付属フィルターから変更すると、音質の大幅な向上がありました。又、遅延時間をいじることによって、バスドラなどが前に出たり、引っ込んだりするのを調整するとリアル感が向上しました。

EKIO

今回導入を決めたのは、フルレンジ側でEKIOをON-OFFしてもほとんど音質に変化がなかったのが決め手です。(まだ他のソフトも検討中ですが・・・)
FIRフィルタが実装されていないのが、今一なのですが安いのと、事前テストできたので使っています。

詳細はEKIOのHPでご確認ください。
3ch以上のフル版は149ドルで入手できます。

セッティング画面

サンプルレートとASIOのドライバーとバッファーを設定する画面です。

入出力画面

インプットとアウトプットを振り分ける画面
動作中はレベルメーターもリアルで動きます。

ルート選択画面

入力をどのように振り分けるかの画面

イコライザー画面

入力側のイコライザー・こちらは何もしていません。
部屋のイコライザーを入れるなら、ここでセットすると全体に振り分けられます。

パラメトリックイコライザーは、周波数・Q・ピークレベルの設定が可能です。

フルレンジのイコライザー

こちらは簡単にBWの24db/octを設定・遅延は1ms

スーパーウーハーのイコライザー

こちらも単純な設定を入れています。

オプション画面

起動時の挙動などを設定します。

Windows起動時に起動させる・最小Windowで起動・読み込ませる設定・ウエイト時間など

ヘッドホンアンプ

今考えているのが、3chなので6chを使用します。
残り2chをヘッドホンアンプに使おうかと思っています。

Topping DM7

今まではオーディオインタフェースなどで対応するしかなかった(例外もありますが)のですが、ToppingからDM7が出たので、廉価で構成ができるようになりました。

内部構造

内部基板の写真から確認したところ
・XMOSとES9038PROのシンプルな構成
・電子ボリュームICは不明
・電源はAC100VよりAC-DCで作成している感じ
・すべてバランスTRS出力で、SOP8のオペアンプで出力している
・ほぼ面実装なので、手を入れるのは容易

まとめ

これで、AIYIMA A07を1台追加して、スーパーツィーター用にCを内部に追加しようかと思っています。ソフトチャンデバだと、間違えると低域成分をツィーターに入っちゃいかもしれませんので・・・

AIYIMA A07も、TPA3255よりノイズが少ないTPA3245に置き換えると24Vでの運用がよりうまくいきそうですので、ICを手配中です。

TRSコネクターも不足したので手配しないと・・・

関連記事

EKIO&Topping DM7
ソフトチャンデバ用 Topping DM7 購入
8chDAC Topping DM7 開封・チェック
8chDAC Topping DM7 ちょっと内部確認
Topping DM7 でのオーディオ環境構想
8chDAC Topping DM7 内部確認その2
ソフトチャンデバ用に Topping DM7を設定する
PCオーディオ 音飛び 解決
ソフトチャンデバイダー EKIO ボーカル生き生き設定
ソフトチャンネルデバイダー EKIO トラブル原因判明


コメント