DIY

AIRTIGHT AL-05 をまねして ONKYO OM-OF101の箱を作る 視聴 その1

塗装の仕上げがまだですが、 完全乾燥まで10日ほど放置なので音出しをしちゃおうと思います。今回はバスレフポートを内部の板の交換で可変できますので、いろいろ遊べます。 当初の設計でバスレフポート長 155mmがベストだと思ってますが、短いのから試します。バスレフの効果を見るので最初は吸音材なしです。
DIY

AIRTIGHT AL-05 をまねして ONKYO OM-OF101の箱を作る! その6 傷の補修・スティン塗装・サンティング

傷をある程度補修して、との粉で目止めしつつスティンで着色します。色は黒っぽい部分と白い部分が混ざるアカシア集成材なので、バランスを考えてマホガニー色にしました。 傷の補修は微細な木くずを埋めて上からアロンアルファで固定するのが、最も綺麗に補修できました。アロンアルファの部分は傷のみ残るようにサンティングしていきます。
DIY

AIRTIGHT AL-05 をまねして ONKYO OM-OF101の箱を作る! その5 テンプレート制作・ザグリ・鬼目ナット取付

座グリ用のテンプレートをトリマーで作ろうとして、キックバックし作り直しになったmotoです・・・ トリマーで再度NGになると困るので、時間をかけて手作業で行いました。MDF板の5.5mmなので加工は楽ですが、1時間ほど粉だらけになりながらの作業です。
DIY

AIRTIGHT AL-05 をまねして ONKYO OM-OF101の箱を作る! その4 エプトシーラー貼付け・面取り・サンティング

遅々として完成しないスピーカーエンクロージャーですが、今回は背面のシールとサンティングをしました。面取りはe-Value トリマー EWT-450Nを使い、サンティングはBOSCHのランダムアクションサンダー PEX260AEを使います。
DIY

六角穴付ボルト(キャップスクリュー) の規格関係 忘備録

スピーカーの制作にキャップスクリューを多用するので、忘れないように規格関係をまとめておきました。私は背面バッフルを止めるのにも埋め込みで使っています。
DIY

AIRTIGHT AL-05 をまねして ONKYO OM-OF101の箱を作る! その3 振動対策

最終的な作成イメージは以下の写真です(AIRTIGHT AL-05の写真)。チェリーの突板を貼るかどうか検討中です。アカシア集成材をダーク系で色付けして、塗装も良いかなーと思っています。木工はピアノ仕上げにすると非常に手間がかかりますので、じっくり検討します。今回は制作を上げる予定でしたが、振動対策などを検討したので、製作前に検討内容をUPします。
DIY

AIRTIGHT AL-05 をまねして ONKYO OM-OF101の箱を作る! その2

フリーのエンクロージャー設計ソフト「SPED」で簡易的にエミュレートしてみます。いろいろな検討が簡単にでき、とっても楽になりました。作者のankoさんに感謝です。制作は材料の接着・背面板の穴あけ・鬼目ナット取付まで進めます。
DIY

トラスコ中山 オレンジブック商品を個人で購入する 2021/10/26 ヨドバシとの比較も追加

部品・工具などをよくトラスコ中山のオレンジブック(商品が270万点以上)で調べたりしていたのですが、個人で購入できないので不便に思っていました。(モノタロウなどでは一部購入できます)いつも使っているYahoo!ショッピングでお安く購入できたので共有したいと思います。
DIY

トリマー EWT-450N レビュー4 集じん機取付

トリマーで集じんをしないでいると、部屋中細かい木くずで大変になります。お風呂場で対応している私でも掃除が大変なので集塵機を購入します。e-Value EWT-450Nは、ベースプレートがリョービの 同じで52mm角なので流用可能です。又、家庭用の掃除機(家はPanasonic)の口と合うのが必要なのですが、工具用のホースは高いので洗濯機の排水ホースで代用します。
DIY

トリマー EWT-450N レビュー3 トリマー台用金具の加工

トリマー台も買おうかと迷ったのですが、MDFのやつが1.3万円もしたので、作ることにしました。穴あけなどもしないといけないようですが、最適寸法で作れますので良いと思います。トリマーを固定するベースプレートだけもお安く売ってますので、このベースプレートを使って作っていきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました