測定

ノイズも測れそうな最新オシロを買いたい!

オシロが古くなり逝ってしまったので、ノイズレベルも測定可能なオシロを探していました。丁度RIGOLのHPを探していたら、2022/9/26発売の新モデルがあるじゃないですか!2代目ということでコストと機能に期待です。
オーディオ

AIYIMA A07 改造2 出力系の改造

今回は出力系の改造を主に行います。メイン電源の電解コンデンサーを1000uFから3300uFにフィルターのコイルはサガミへ、コンデンサーはiuFはPMLCAPへ、1000pFはディップマイカに変更しました。ディップマイカは使ってみたかった...
オーディオ

AIYIMA A07 改造1 リファレンスと比較

前回記事で歪ぽかったAIYIMA A07の回路をリファレンスと比較してみました。色々小さく安く作るために苦労しており、電源のコンデンサーが1000uFになっていました。抵抗もリファレンスはVishayの薄膜金属皮膜ですがバカ高いので、安い...
オーディオ

中華DIY オーディオメーカー AIYIMA

結構前から安めの中華DIYオーディオメーカーとして、AIYIMAはありましたが最近は日本でも相当売れているようです。海外では前から安いDIYオーディオメーカーとしてのポジションはありましたね。本家では日本では販売していないスピーカーや基板などが沢山あるので見ているだけでも結構楽しいです。数回購入していますが、発送も早くメールでの対応も良いです。
御飯関連

グルコノデルタラクトン で 豆腐作り

豆腐も普通のにがりである程度まで作れたのですが、硬めにすると舌触りが悪い・柔らかめだと腰がないということで、グルコノデルタラクトン(GDL)で豆腐を作ってみたいと思います。最初は名前が怪しいので化学合成の凝固剤かと思っていたのですが、調べてみると自然由来の成分だと分かりました。
オーディオ

AIYIMA A07 購入・分解 レビュー

マルチチャンネルDACでソフトチャンネルデバイダーを導入し、マルチアンプ化するに当たって小型のアンプでシンプルで改造しやすそうな物を探していました。そこでTPA3255を使っているAIYIMA A7を選定しました。何といってもCRの定数が基板に記載してあるので楽ちん!
オーディオ

MOTU M4 ソフトチャンネルデバイダー 導入 テスト

チャンネルデバイダーを欲しいなーと思っていたのですが、位相が回ったりするのでデジタルを検討していました。しかし24bit/96kHz程度の物しかないので、DACと兼用で使うのは無理かなーと躊躇していました。しかし、DACが4chとか8ch...
オーディオ

MOTU M4 分解・内部確認

届いたMOTU M4を分解して内部確認しました。DACのチップが何なのか確認したかったのです。数十万円クラスのオーディオインターフェースで使用されるESS Sabre32って思いっきり宣伝してる割にはchip名がないので・・・このお値段だ...
オーディオ

MOTU M4 購入・セットアップ・視聴

先輩方に色々聞いて、この価格帯では良しということで購入してみました。ただUSB給電なのは手軽で良いのですが、音質は限界に近いかもしれないので改造は後回し(保証切れてから)にしようかと思っています。 前回記事:MOTU M4 導入検討...
オーディオ

MOTU M4 導入検討

KC62のデジタルフィルターが今一なので、XMOSでマルチDACのデジタルチャンネルデバイダーを検討していましたが、4chDACがあれば2wayまでならいけるので、MOTU M4を使おうかと思います。名前も親近感ありますし(笑)この機種はDACではなくて、オーディオインターフェイスというカテゴリになり、コンデンサーマイクも使える入力や旧MIDI入力、高品位な4ch DACも搭載しています。値段もそこそこで評判も良いみたいですのでむっちゃ気になっています。ソフトも多数付属しているので遊ぶにはもってこいです。カラオケにも使えますね。(笑)
タイトルとURLをコピーしました