AIYIMA A07 改造1 リファレンスと比較

前回記事で歪ぽかったAIYIMA A07 の回路をリファレンスと比較してみました。色々小さく安く作るために苦労しており、電源のコンデンサーが1000uFになっていました。抵抗もリファレンスはVishayの薄膜金属皮膜ですがバカ高いので、安いやつになっていると思われます。
サイズ的に80V4700uFを入れるのは無理なので、電源電圧を32Vとして(現ACアダプターは32V)電解コンデンサーの耐圧を下げて検討します。
リファレンスは2オンス(70um)の基板を使っていますが、AIYIMA A07は1オンス(35um)だと推察されます。

改造方針

・電源電圧は32Vとする。(コンデンサーの耐圧を下げるため)
・入力側のオペアンプ部は使用しない。バランスで直接入力・分圧抵抗でレベルを適正に合わせる。
 (DAC側でレベル調整ができるのでボリュームは不要とする)
・音質に関係ありそうな抵抗は進工業RG1608Nシリーズを使用
・出力のコンデンサーはフイルム・積層セラミックで対応(比較してみたい)
・メインの電源用・電解コンデンサーにはなるべく大きな35V耐圧を選定
・出力のチョークコイルも、と比較
・電源系のデカップリングには、10pF-100pFの積層セラミックをパラ接続
・12V系にはフェライトビーズを0Ω抵抗と交換してノイズ削減
・12V系のコンデンサーは強化
・最終的には12V系のDC-DCをやめるか検討(32Vから12Vのシリーズレギュレーターはきつい)
・ACアダプターからTPA3255に直に入っているため、電源はAC側でカットする。
 (FETでカットも検討したがスペースがないので中止)

最初の確認

TPA3255周辺
放熱器を外したICとのスペースが3mm程なので、224のセラコンや333は交換するのが難しい。
0Ω抵抗は1608のチップインダクターに交換

TIリファレンス基板の回路図・部品表抜粋 TPA3255EVM参照

バランス入力がうまくいくかの確認

まずはMOTUのバランス出力のTRSコネクターとAIYIMMA 07を直結してレベル合わせと、RCA入力との音質差を確認するために、手持ちの部品で実験します。

これを4系統作って実験
電解コンデンサー上部の8個のCRを外して入力

まとめ

ここまでやると、自分で基板を起こしたほうが安いかもしれません・・・
しかし、KiCadはまだ道半ばです・・・

今回は勉強だと思って回路に取り組んでみます。

関連記事

AIYIMA A07 購入・分解 レビュー
AIYIMA A07 改造1 リファレンスと比較
AIYIMA A07 改造2 出力系の改造
AIYIMA A07 改造3 TPA3255 12Vに LCフィルターを入れる
AIYIMA A07 改造4 電源部IC検討
AIYIMA A07 改造5 アンプ突入電流対策検討
AIYIMA A07 改造6 電源部IC・CR交換
AIYIMA A07 改造7 コンデンサー交換の弊害
AIYIMA A07 改造8 オペアンプ交換 視聴
AIYIMA A07 改造9 LTC6227の歪検討
AIYIMA A07 改造10 出力のCRフィルターカット

コメント

タイトルとURLをコピーしました