AIYIMA A07 改造11 電源コンデンサをOSコンに 再改造

初号機の12V系電源を強化した時に、音質が良くなかった原因の一つは、OSコンのエージング不足だったのではないかと思い、再度12V系の電源をOSコンに換装しました。エージングを200時間以上は待てないので、100℃で全体を1時間加熱処理してみました。

電源周り コンデンサ変更

15V系:電解コンデンサ 25V/220uFをPanasonicのOSコン16V/560uFに変更 2か所
12V系:電解コンデンサ 25V/220uFをPanasonicのOSコン16V/560uFに変更 1箇所

スイッチ周りまで確認しなかったのですが、フロントパネルのスイッチOFFでも32V電源・15V・12V・3.3Vの電源も常時入っていました・・・

改造前の電源周りの回路イメージ
赤丸部分が交換したOSコン

AIYIMA A07は基板のパターン穴が狭く、ランドも小さくベタパターンでの逃がしもないので、電解コンデンサを抜くのが結構な手間です。前回からHAKKOのFR-301を購入してリワークしていますが、もう楽ちん!労力1/10です。狭いスルーホールもあっという間に貫通します。早く買っておけばよかった。

ポップ音の対策

前回は容量を増やすと電源が切れるまでの時間がかかりポップ音が出るようになりましたが、メイン電源は1500uFのままとし、3箇所のみ交換してみましたが、同レベルでポップ音が出ます。
原因の一つはDACバランス出力をRCAにつないでいるのでポップ音が出る。そのためバランス入力にすれば出ないと思われます。

関連記事:AIYIMA A07 改造7 コンデンサー交換の弊害

次は、バランス入力に変更してポップ音の撲滅を図ります。
オペアンプを入れない回路を検討していますが、難しそうなので少し時間がかかりそうです。

視聴

OSコンに交換して視聴してみました。高域が刺さるようにキンキンとした感じに聞こえ、歪も悪化したようです。熱を加えたOSコンは音が悪いのは本当でした。200時間以上のエージングが必要かもしれません。

気の短い私としては気持ち悪い音を聞いてられないので、熱処理を行ってみたいと思います。

OSコンの熱処理

色々調べるとOSコンはハンダ付けによる局所的な熱ダメージで音が悪くなるらしいので、全体を熱し均一に熱処理をすることによって内部の変質を早く治せると考え、100℃で1時間処理をして見ました。

音は落ち着いた音になり熱処理の効果はすぐ分かりました。しかし、戻り切っておらず電解コンデンサより少しましな感じです。後2-3日通電してエージングの確認してみたいと思います。

まとめ

AIMIYA A07は電源系の設計が今一なので、これ以上の改造が難しいのが残念です。
OSコンのエージングがすんだら、空気録音でもしたいと思います。

関連記事

初号機
AIYIMA A07 購入・分解 レビュー
AIYIMA A07 改造1 リファレンスと比較
AIYIMA A07 改造2 出力系の改造
AIYIMA A07 改造3 TPA3255 12Vに LCフィルターを入れる
AIYIMA A07 改造4 電源部IC検討
AIYIMA A07 改造5 アンプ突入電流対策検討
AIYIMA A07 改造6 電源部IC・CR交換
AIYIMA A07 改造7 コンデンサー交換の弊害
AIYIMA A07 改造8 オペアンプ交換 視聴
AIYIMA A07 改造9 LTC6227の歪検討
AIYIMA A07 改造10 出力のCRフィルターカット
AIYIMA A07 改造11 電源コンデンサをOSコンに 再改造

2号機
AIYIMA A07 ツィーター用2号機を購入・改造
AIYIMA A07 出力 LPF コンデンサ音質比較1
AIYIMA A07 出力 LPF コンデンサ音質比較2
AIYIMA A07 出力 LPF インダクタ改造
AIYIMA A07 2号機 で空気録音をして見た

コメント

タイトルとURLをコピーしました