SMSL DAC M300MarkII 改造9 Bluetoothを外す

SA300にもbuletoothが付いているのでM300MarkIIには不要と考え、bluetoothを外すことにします。基板を外すのは難しいので電源をカットする方向にします。

検討

できればBluetoothのコネクターの後に同軸を付けたかったのですが、光コネクターと干渉するので中止・・・
基板事外すのは子基板になっており、裏から加熱して外さないと外れないので基板を外すのは中止

パターンカットか、ハンダを取って浮かすかの2択としました。

クアルコムのチップがのっています。中華製では珍しいです。

作業

まずは給電されているところを探します。左下から3番目が電源の給電部でした。

ハンダを浮かせるのは厳しいですが、まずはやってみます。
フラックスをたっぷり塗って、自作低温ハンダを流し込みます。

ハンダ吸取り線で吸っていきますが、裏側にパターンが回り込んでいるので吸取り切れません・・・
ホットエアーで炙っても無理そうなので中止
パターンカットで進めます。

昔はこのタイプで作業していたのですが、刃先が行方不明になること多数で、カッタータイプに変更しました。ぐらつきもほとんどなく使い勝手は良いです。

使い勝手は最高なのだが・・・
オルファ(OLFA) リミテッドAK アートナイフ Ltd-09

オルファ(OLFA) リミテッドAK アートナイフ Ltd-09

888円(05/28 14:20時点)
Amazonの情報を掲載しています
オルファ 細工カッター 141BS シルバー

オルファ 細工カッター 141BS シルバー

150円(05/28 03:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

刃先はラジオペンチで挟んでカット・カッター入れにポイ
刃先が鋭いので、ポキで折ると先がうまく折れない時がありました。
カッターの刃は適当に捨て痛い目にあったので、安全刃折処理器ポキを使っています。
名前が関西です。

刃先処理はこれで完璧、多分一生持ちます。

オルファ(OLFA) 安全刃折処理器ポキ 133K

オルファ(OLFA) 安全刃折処理器ポキ 133K

181円(05/28 11:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

測定

改造前

待機時 5.65V0.03A

起動時 5.57V0.58A

安定時 5.6V 0.393A

改造後

待機時 5.63V 0.029A

稼働時 5.6A 0.391A
やはりbluetoothは優秀ですね。0.002A改善、ほとんど電力を食わないという結果になりました。

まとめ

音質的にはほとんどわからないくらいでしたが、余計な回路が動かないので気分的に良くなりました。

電力消費が小さかったので、省電力には効果がなかったようです。

この記事は改造6より前に書いてあったのですが、上げるのを忘れていて遅れてしまいました・・・
コンデンサーが3個前の記事の状態です。

関連記事

S.M.S.L M300MKII(DAC) ・A300(AMP) レビュー 追記あり
SMSL M300MarkII 修理中
SMSL M300MarkII 代替品でとりあえず修理

SMSL DAC M300MarkII 改造1 内部電源に薄膜高分子積層コンデンサー追加
SMSL DAC M300MarkII 改造2 一度元に戻す リワーク方法も解説
SMSL DAC M300MarkII 改造3 DACの5Vを積層セラミックアレイに交換
SMSL DAC M300MarkII 改造4 オペアンプ電源±12Vのコンデンサー交換検討
SMSL DAC M300MarkII 改造5 AK4997のLPF抵抗の削除 USB入力でノイズが・・・・
SMSL DAC M300MarkII 改造6 オペアンプ電源コンデンサー交換
SMSL DAC M300MarkII 改造7 オペアンプ交換 LM4562→OPA1612
SMSL DAC M300MarkII 改造8 オペアンプ電源 コンデンサー交換・追加
SMSL DAC M300MarkII 改造9 Bluetoothを外す

積層セラミックコンデンサー 特性を調べてみた その1
SMSL M300MarkII 電池駆動への遠い道のり

コメント