XT25GB60 マウント外し・視聴

今回は、XT25GB60の高域の雑味が多少気になるので、マウントを外して視聴していきます。振動吸収用にはメラミンスポンジ(激落ちくん)に切り込みを入れて固定します。

XT25GB60 マウントを外す前
XT25GB60 マウントを外した後

Peerless ツイーター マウント外し

このツイーターはプラスチックのマウントが付いていますので、これが鳴って雑味につながっているのではないかと仮説を立て外していきます。

XT25GB60 マウント

XT25GB60 ネジ外し

このプラスチックのマウントを観察すると、本体との隙間を埋めるために3本のネジと、シリコン系だと思われるシーリング材にて固定されていました。

ビスは鍋タイプの頭に6角のタイプです。JISの6角レンチはほぼあるのでですが、微妙にサイズが異なり、ISOタイプだと思われます。2.0mmのタイプだと回ってしまうし、2.5mmだと入りません・・・。
しょうがないので45度寝かして2.0mmタイプで無理やり外しました。このビスはM3でピッチはJISと同一でしたので、今後組み込むときに交換します。

XT25GB60 ネジを外す

XT25GB60 シーリング部外し

黒いシリコンゴム系のシーリングで柔らかいです。

XT25GB60 シーリング部

OLFAの細工カッターで切り込みを少しずつ入れていきます。
この細工カッターは先端がとがっていて、細かい細工には最適です。

オルファ 細工カッター 141BS シルバー

オルファ 細工カッター 141BS シルバー

387円(03/05 10:59時点)
Amazonの情報を掲載しています
XT25GB60 カッターで切り込みを入れる

ある程度切れ目が入ったら、ミネシマのへらでおこしていきます。
これは3本セットで購入してあまり使いませんでしたが、今回は絶大の威力を発揮しました。下が丸く傷が入りにくく、先端は薄いのにめげたりしません。
何かばらすときには、とっても便利です。

ミネシマ(Mineshima) ミネシマ ヘラセット TM-3

ミネシマ(Mineshima) ミネシマ ヘラセット TM-3

2,178円(03/04 15:53時点)
Amazonの情報を掲載しています
XT25GB60 へらで起こす

マウントを取り外せました。今回は1台5分程度でばらせました。
シリコンシーリングはカッターでこまめに剥がしていきます。

XT25GB60 取り外し完了

2KHzカットオフでの視聴

雑味が減って、音がよりクリアーに聞こえます。
やはり、プラスチックのマウントの振動が雑味を追加していたんだと思います。
もう少しカットオフを下に伸ばしての視聴も行っていきます。

1.8kHzカットオフでの視聴

今回は、男性ボーカルの舌音が多少気になりましたので、1.8kHzでのカットオフも試してみました。こちらの方が自然に感じますので、しばらくこの設定をベースにしてソフトチャンネルでバーダーを詰めていきます。

OM-OF101を密閉にしているため、低域が落ち70Hzを3dB持ち上げています。

EKIO設定 Main
EKIO設定 TW

まとめ

XT25GB60のマウントを外して視聴してみました。
思った以上に振動で雑味が加わるのがわかり、よりクリアーになったと思います。

課題としては、フロント部のホーン形状をブビンガで削り出したいと思っていますが、止めネジの横からの音漏れの防止をどうするかと、どのような形状にするといいかを検討していきます。又、ブビンガは20年以上乾燥させたものですので、ルーターでも削り出しがすごく大変だと思っています。

そこそこ満足していますので、格好悪いですがこのままの可能性も・・・・

後、もう少し詰めたらツィーター保護用のコンデンサーも外していきたいと思います。
設定間違うと飛ばす可能性が高いので、慎重にしていきます。

関連記事

中華 リボンツィーター 購入・視聴
自宅 チープオーディオ セッティング
OM-OF101 分割振動領域をツィーターに移動したい!
OM-OF101 NFJ磁性流体ツィーターを同軸っぽく追加
Peerless ツイーター XT25GB60に交換
Peerless ツイーター XT25GB60 製作・視聴

コメント