zoom H4essential 操作ノイズ対策 カメラ用ショックマウント レビュー

zoomに低域での減衰について問い合わせたところ、仕様との回答がありガクッとしています。
しかし、H4eには外部マイク入力もあり、付属マイクも低域以外は奇麗に録音できるので、外部マイクも使ってMS録音をすれば、そこそこいけそうな気がしています。
そこで、マイク用のショックマウントやzoom用のショックマウント、自在クランプなどを購入してみました。

zoom H4essentialサイトはこちら

ショックマウント購入条件

zoom H4eは1/4インチボスが背面についており、三脚などにも取り付くようになっています。そのため1/4インチで取り付くことが最初の条件です。

H1eなどに比べて幅があるので、マイク用のショックマウントには付きません。

1/4インチボスの位置が前過ぎで、バランスが悪く前後の調整できることも必要です。

マイクとしても使えるので、カメラマウントに取り付けられることも必要です。

探してみた

Amazonで、「カメラ ショックマウント」で探してみました。
お安いのはこちらで、要望は満たしています。

ノヴァ ショック吸収マルチマウント BY-C10

ノヴァ ショック吸収マルチマウント BY-C10

2,880円(05/29 07:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

こちらはオリンパスです、BY-C10をOEMしたようです。

OM SYSTEM/オリンパス オリンパス ショックマウント SM2

OM SYSTEM/オリンパス オリンパス ショックマウント SM2

3,427円(05/29 07:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

こちらはアシダ音響のショックマウント・構造的はなかなか良さそうだったのですが、シュー専用なので位置を動かせないため採用できず。ガンマイク専用なのでしょうがないですね。

アシダ音響 ショックマウント SMT-01

アシダ音響 ショックマウント SMT-01

5,775円(05/29 07:46時点)
Amazonの情報を掲載しています

ということで、最初のBOYA BY-C10を購入しました。

BOYA BY-C10確認

着荷したので確認です。
レビューを見ると折れやすいという意見がありましたので、そこも確認します。

背面から見たところプラばねでショックを支える構造です。中にステンのバネが入っていそうですが確認できませんでした。ここが折れてもステンのばね鋼で作ればなんとかなりそうです。

裏側のボスは3/8インチサイズで、付属でカメラシュー兼用1/4インチの変換が付属しています。

1/4インチのネジが40mmほど前後できますので、バランスが良いところでとめられます。

zoom H4e実装

zoom H4eを実装したところ、電池を取り付けるとこのくらいの位置が良い感じです。

マイクスタンドにボールジョイントで取り付けました。
ボタンを押すと多少ボヨンボヨンしますが、ボタンを押せないほどではありません。

前回購入したマイク用ショックマウントと組み合わせたところ
前回記事:ショックマウント・デュアルボールクランプでマイク測定楽々

さすがに1mのブームを伸ばし切って、これだけ設置すると足の位置によっては倒れます。

zoom H4eでの空気録音やスピーカーの測定に活躍しそうです。

まとめ

zoom H4eは録音も簡単で、32bitフロートだとレベルもあまり確認しないですみます。音質もなかなか素晴らしいのですが、低域のだら下がりはいまいちでした。

2024/4/30に出た新しいファームだと少し良くなったような気がしますが、完全ではありません。

これで操作でのショック音がほぼなくなりました。
値段も安かったので、ハンディレコーダーをお使いの方には、お勧めできます。

関連記事

MOTU M4 導入検討
MOTU M4 購入・セットアップ・視聴
MOTU M4 分解・内部確認

Zoom UAC-232 32bitフロート録音 購入
Zoom UAC-232 レビュー
Zoom UAC-232 分解確認

Zoom H4essential 購入
Zoom H4essential レビュー 内蔵マイクで課題が・・・
zoom H4essential 操作ノイズ対策 カメラ用ショックマウント レビュー

コメント