AIYIMA A07 改造7 コンデンサー大容量化の弊害

前回、電源系の強化を行ったのですが、AIYIMA A07の回路が今一だったので、ポップ音が電源OFF時に出るようになってしまいました。220uFのコンデンサーを560uFに変えたので、電源OFFを認識できなくなったようです。

電源周り コンデンサー

15V系:電解コンデンサー25V/220uFをPanasonicのOSコン16V/560uFに変更 2か所
12V系:電解コンデンサー25V/220uFをPanasonicのOSコン16V/560uFに変更 1箇所
3.3V系は2電解コンデンサー5V/33uFをPanasonicのOSコンに16V/470uFに変更 1箇所
0.1uFの積層セラミックに22pFをパラ接続 4箇所

スイッチ周りまで確認しなかったのですが、フロントパネルのスイッチOFFでも32V電源・15V・12V・3.3Vの電源も常時入っていました・・・
DC-DCにはENピンがあったので、そこで切っていると勘違いしていました。

そのため容量を増やすと電源が切れるまでの時間がかかり、ポップ音が出るようです。

3.3V電源は7812(12V)の配下にいるので、切れるまで2秒くらいかかります。

改造前の電源周りの回路イメージ
改造後の回路イメージ

対策検討

案1 15VのDC-DC配下に3.3Vの配線を変更する。パターンカットが必要なので避けたい・・・

案2 12V電源の放電が遅いのも原因なので、放電用の50k程度の抵抗を入れる。
   試してみたが放電が間に合わない。あまり小さくすると常時電流を食うので避けたい。

案3 コンデンサーの容量を少し減らして調整する
   コンデンサーを手配しないといけないが、とりあえずこの方向で検討中

ということで、15V以下の電源のコンデンサーを変更する予定です。

まとめ

AIMIYA A07は電源系の設計が今一なので、これ以上の改造が難しいのが残念です。

残りの改造はボリュームを4接点のロータリースイッチに変更して、4段階のアッテネータにする予定でしたが、内部ゲインを6dB落としMAXボリュームで視聴できるようになったので、先送りです。

OSコンを手配していますので、交換してまずは完了です。

関連記事

AIYIMA A07 購入・分解 レビュー
AIYIMA A07 改造1 リファレンスと比較
AIYIMA A07 改造2 出力系の改造
AIYIMA A07 改造3 TPA3255 12Vに LCフィルターを入れる
AIYIMA A07 改造4 電源部IC検討
AIYIMA A07 改造5 アンプ突入電流対策検討
AIYIMA A07 改造6 電源部IC・CR交換
AIYIMA A07 改造7 コンデンサー交換の弊害
AIYIMA A07 改造8 オペアンプ交換 視聴
AIYIMA A07 改造9 LTC6227の歪検討
AIYIMA A07 改造10 出力のCRフィルターカット

コメント

タイトルとURLをコピーしました