ミニPC BeeLink EQ12 Pro Windows10にダウングレード

Windows11proインストール済みのミニPC BeeLink EQ12 ProをWindows10proにダウングレード(今回は新規インストール)します。まず準備するのは、PCIe3に対応したSSD・M.2 SSDをUSBで接続できるケース・Windows10proインストールイメージが入ったの32G USBメモリーを用意します。

今回、M.2 SSDを交換するミニPC
Beelink Intel 12th Core i3 N305 EQ12 Pro
2.5G有線LANが2系統・DDR5メモリ16G・BT5.2・WiFi6・USB-CからPDでモニターに電源供給可能

Aliexpressのほうが少し安いです。

34232.0¥ 36% OFF|Beelink ミニPCタイプC,Intel 12th,ddr5,intel 12th n100,8g,500g,vs mini s12 pro,n305,u59 pro,intel 11 n5105| | - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

使用部材

キングストンテクノロジー2TB SSD NV2シリーズ

Gen4にも対応したメーカー製激安SSD

PCIe-USB変換SSDケース

SSDをメモリとして使えるように安くて放熱性がよさそうなSSDケースも購入しました。USB3.2なので激安です。
Thunderbolt4などの高速転送には対応していませんが、少し遅いだけですので問題なしです。

32G USBメモリー

安くてADATAのUSBメモリが手元にあったので使います。前までは16Gで大丈夫だったのですが、少し不安なので容量を32GのUSBメモリを手配しました。

Windows10 インストール用イメージ

Microsoftサイトから、インストールイメージをダウンロードしてUSBメモリに展開しておきます。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

Windows10のインストールイメージの作成

有線ネットワークを使用したほうが安定しますので、有線ネットワークに切換えておきます。

Windows10のインストールツール

MicrosoftのWindows10インストーツールをダウンロードします。
Windows10の最新のパッチファイル22H2対応のものを使ったほうが、後で面倒じゃありませんのでイメージを持っている方も落としたほうがいいです。
この段階でUSBメモリは刺しておいたほうがいいです。

インストールツール起動

Wクリックして、「MediaCreationTool22H2」を起動します。

起動後、しばらくしたらライセンス条項に「同意」をして次に進みます

今回は、元のSSDはそのまま新しいSSDにインストールするつもりなので、「別のPCのインストール メディアを作成する(USBフラッシュ ドライブ DVD、またはISOファイル)」を選択します。

言語、アーキテクチャ、エディションの選択
「このPCにお勧めのオプションを使う」を外して以下の設定にしました。

USBフラッシュメディアに書き込み

メディアはUSBフラッシュドライブを選択します。

USBフラッシュドライブを選びます。1個の場合はそのままでOK

Windows10のイメージを自動的にMicrosoftよりダウンロードします。

ダウンロードが終わったら自動的に検証します。

USBフラッシュメディア完成

完了したらメディアにWindows10 22H2と記載しておきました。
Windows10の最終エディションになります。

Windows10用のドライバーファイルを用意する

BeeLinkのドライバーは必須ですので、事前に落としておきます。
少々古めですがBeeLinkのドライバーだけでも良さそうです。

BeeLinkのドライバーを落とす

BeelinkのHPに行ってドライバーをダウンロードしておきます。
EQ12&EQ12 pro Driverが該当しますが、Windows11専用のドライバーも入っていそうなので内容を確認します。

Windows11のデバイスマネージャーでデバイスの確認

以下のドライバーは後からでもOKです。
まずはWindowsのスタートアイコンを右クリックして、デバイスマネージャーを表示します。

インテル® Core™ i3-N305 プロセッサーのドライバー

インテル® Core™ i3-N305 プロセッサーのダウンロード
インテルのサイトに行って最新ドライバーをダウンロードします。

インテル有線LANのドライバー

i225-Vのドライバーがインストールされています。
2ポートあるのでデバイスは2個あります。

i225-Vのドライバー」で検索すると出てきます。
インテルのサイトに行って最新ドライバーをダウンロードします。

インテル無線LAN・Bluetoothのドライバー

無線LANはノイズの原因になるのでBIOSでカットしてあります。
そのためBT5.2のドライバーをインストールできればOKです。

USB-DAC ToppingDM-7

こちらはご自分のDACに合わせてダウンロードしてください。

リアルテック・オーディオドライバー

Voicemeeter Bananaとコンフリクトするみたいなので、今回はBIOSで切っています。

2023/8/12追記
チップは「ALC897」で「Realtek ALC897 Audio Codec Driver」で検索すると出てきます。
RealTEKのサイトには、ALC897のドライバーはありませんでした・・・・

オーディオドライバーはBIOSで切ってありますので不要ですが、後で必要になった時のためにダウンロードしておきます。

ドライバーファイルをインストール用のUSBディスクにコピー

ディストップで解凍して、Windows起動用のUSBディスクにコピーしておきます。
容量が少ない場合は、BeeLinkの有線LANのドライバーだけでもOK・ホルダー配下のLANのホルダーのみコピー)ほかのドライバーは別のUSBメモリ(今回は取り外したSSDを使っています)にインストールしておきます。

M.2 SSDをEQ12proに実装

まずは4本のねじを00番のプラスドライバーで外していきます。
でっぱりをもって引っ張ると開きます。この辺はよく考えてあります。

SATAのコネクター2本・FAN部分が3本のねじを外します。

左側にM.2 SSDが見えます。

止めねじを外します。

裏側にある無線LANカードのコネクターの絶縁が取れていたので・・・

カプトンテープで保護します。

上側が実装されていたM.2 SSD・下側が今回新規に購入したキングストンの2TBのSNV2S/2000Gです。厚みはほぼ一緒ですので、実装しても基板などに干渉しないでしょう。

M.2 SSD実装

FANを取り付け

ばらすのが面倒なので、この状態でインストールなどを行います。

FANも回りました。ほんとに静かです。耳を直近まで寄せないと音が聞こえません。

BIOSの起動設定を確認

5番目にUSB Deviceがありましたので、そのままで起動できます。

USBメモリを刺して、電源ON!

Windows10proインストール

これでWindows10のインストールができます。

初期画面

Windows10のインストール画面が出ました。
キーボードが106キーの人は問題ないので次に行きます。

ライセンス認証

BeeLinkはボリュームライセンスなので、プロダクトキーが出ません。
プロダクトキーがありませんを選んで次に行きます。

Windows10のインストールバージョンを選んで次へ

ライセンス条項を読んで同意して次へ

LANドライバーのインストール

ここでLANドライバーを読み込みます。
これによりi225-Vのドライバーが読み込まれます。有線LANのドライバーがないと初期設定が面倒なので必ず入れるようにしてください。

パーテーションの選択

今回はパーテーションを分けないので、このままインストールしていきます。

これでWindows10proがインストールされます。

Windows10proの設定

地域を選択して

キーボードを選択して

ネットワークに接続

インターネットに接続します。

 

名前を入れて

パスを入れます。

セキュリティの質問を入れて

プライバシーの設定

私は全部OFFにしています。

Cortanaもいらないので

これで基本設定が終わりました。

再起動するとEdgeの設定画面が・・・
面倒なので今はパス

外したSSDにドライバーやアプリが入っていますので、今回購入した外付けSSDケースを繋ぎます。

デバイスドライバーを見ると不明なデバイスが多数あるはずなので、1個づつ選んでローカルからインストールしていきます。メインのドライバーディレクトリを選べば自動で探してインストールします。
キャプチャーを忘れたので写真はありません・・・

Windowsアップデートを行ってWindows10のインストールは完了です。

まとめ

BeeLinkのEQ12proに入っているWindows11proをWindows10へダウングレードしてみました。
BeeLinkのサイトにあるドライバー1式で問題なく動作しています。

このPCはボリュームライセンスなのでインストール時にプロダクトキーを要求してこないですが、ライセンスはされていますので、問題なくインストールできます。Amazonにはプロダクトキーがないからインストールできないというコメントがありますが間違いです。

Windowsは問題なくインストールできましたので、次は音楽関係のアプリのインストールです。
音楽関係のアプリはWindows11だとうまく動かないのが多数あるので困ります。

関連記事

PC関連
デスクトップパソコン 電源・リセット・USB 延長!
音楽&Web用 静音PC検討 インテルN305
音楽&Web用 超小型PC BeeLonk EQ12 Proレビュー
音楽&Web用 超小型PC BeeLonk EQ12 Pro 分解確認
音楽&Web用 超小型PC BeeLonk EQ12 Pro Windows10にダウングレード検討
ミニPC BeeLonk EQ12 Pro Windows10にダウングレード

ソフトチャンネルデバイダー(EKIO)関連
ソフトチャンデバ用 Topping DM7 購入
8chDAC Topping DM7 開封・チェック
8chDAC Topping DM7 ちょっと内部確認
Topping DM7 でのオーディオ環境構想
8chDAC Topping DM7 内部確認その2
ソフトチャンデバ用に Topping DM7を設定する
PCオーディオ 音飛び 解決
ソフトチャンデバイダー EKIO ボーカル生き生き設定
ソフトチャンネルデバイダー設定の悩み
ソフトチャンネルデバイダ EKIO 小音量設定やパイプオルガン用設定など

 

コメント