LED懐中電灯 電池部 再メッキ


前回簡易修理したLED懐中電灯ですが、接触が今一つなのでニッケルで再メッキしました。メッキはいつも使っているメッキ工房です。金メッキするほどでもないと考え、ニッケルメッキだけします。
自分でメッキできると電子工作の幅も広がります。

メッキ関連記事:メッキ工房 端子や線を24金メッキに!自宅で簡単メッキ激安!サウンドハウス XLRコネクター端子 を金メッキしちゃう!キャノン(XLR)コネクターの硫化還元・金メッキ ケーブル作成LCRテスター DE-5000 高精度ケルビンクリップ チップ部品用に再改造

前回記事:LED懐中電灯 修理 改造も構想中

メッキ作業

メッキ作業は汚れや剥がれがあると綺麗にできません。洗浄を十分に行ってください。

清掃

メッキ部分は剥がれや錆があるため、時間をかけて超音波洗浄を行います。今回は10分行いました。

使用した超音波洗浄器:ツインバードのEC-4518です。もう10年ほど使用しています。
油汚れや磨きにくい部分の掃除には最適です。家では眼鏡も良く洗います。値段も安いので購入してみても損はないと思います。

今回は45℃くらいのお湯に、中性洗剤を入れて洗浄していきます。

よく見るとメッキの剥がれた残骸が落ちています。

洗浄後は、流水でしっかり洗い乾燥していきます。今回は時短でドライヤーで乾燥させました。

多機能なシチズン製
汚れもこちらのほうが良く落ちるようです。壊れたら買い換えようと思っているのですが、壊れないので・・・

メッキ

いつものメッキ工房です。
今回はIPAで乾燥後に洗浄したので、電気脱脂はしないでメッキをしていきます。

マルイ鍍金工業 めっき工房 標準セットMK-B98

マルイ鍍金工業 めっき工房 標準セットMK-B98

13,300円(05/28 16:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

いつもながら簡単です。ワニ口クリップでメッキする部分の端を挟んで、フェルトにメッキ液を付けてこするだけ。

メッキ前

メッキ後

メッキ作業後、中性洗剤で洗って綺麗なペーパーで磨いて乾燥したら完了です。

写真が光って分かりにいですが、メッキ後は光も戻って綺麗になりました。
これなら接触不良はおきないでしょう。

仮組での試験

清掃が完了したので仮組をして点灯試験
振ったり捻じったりしても点灯のままで改善されました。

写真を撮り忘れたので、前回の使いまわし・・・

まとめ

これで懐中電灯はまともに動くようになりました。次はLEDの交換ですね。
秋月電子さんから、良さげなのがありましたので、購入したら交換したいと思います。

追記:
残念ながら秋月さんの物は、うまく付かない感じです・・・

関連記事

LCRテスター DE-5000 高精度ケルビンクリップ チップ部品用に再改造
キャノン(XLR)コネクターの硫化還元・金メッキ ケーブル作成
激安!サウンドハウス XLRコネクター端子 を金メッキしちゃう!
メッキ工房 端子や線を24金メッキに!自宅で簡単メッキ

コメント