レッツノート CF-SZ6 BIOS修理

ジャンクでヤクオフから買った、レッツノートCF-SZ6が到着しました。
Panasonicのロゴから進まない&液晶割れという代物です。
筐体がきれいなので、修理できたらヤクオフに出したいと思います。

まずは、電源ON・とりあえず画面はぐちゃぐちゃですが、何かを表示しているようです。

しかも電源ON時の挙動がなんか変です・・・
裏ブタを開けてPCBを目視で確認したところ、特におかしい感じはなかったので、液晶を互換液晶(AUO G121UAN01.0 12.1 inch 1920*1200)に交換します。この液晶は台湾から10枚取り寄せましたが、1枚18,000円もします。
本家OPT製より画面の発色は格段にきれいです。
SZ5/SZ6液晶の交換方法

とりあえずPanasonicロゴは表示しました、がBIOS画面まで到達しません。
これはBIOSが壊れている可能性がたかいので、同じ機種のBIOSを上書きします。

まずはBIOSバックアップ用電池コネクターを外します。

SOP8pin用のクリップで挟み込み、まずはBIOSの吸出し・それで他のBIOSの書き込みを行います。
機材はこちら、ロムライター EZP2019+です。

ありゃー 書き込みでエラーになります・・・
これはROM交換かなーと、保護用のシートを取り外していると、PCBが腐ってました・・・。

キーボードなどから水が浸入して、PCBが腐ったようです。
まずはエタノールで清掃・導通チェックで目視では問題なさそうなので、通電してみましたが、症状変化なし・・・
ICなどは腐っていませんでしたのでチップ下のレアショートを疑い、保温機でPCBを温めながら、リワークステーションで修正します。フラックスを塗布し、はんだ部分を修正していきます。
一通り修正した後に、アルコールでフラックスを除去し、再度通電!
お!BIOS画面に移行しました!が動きがおかしい・・・
BIOSROMがやはり逝っているようです・・
BIOSを書き込み後ROM交換したら!動きました!

これでSSDを購入してインストールすれば完了です。
うーん・・しかし、SZ6が2.5万・液晶1.8万 SSD1.5万ですから送料と出品代を引くと6.5万以上で売れないと赤字です・・
結構厳しい・・・

ブログランキングに参加しています。ポチっとお願いします。

自作PCランキング


コメント

タイトルとURLをコピーしました