Razer ゲーミングキーボード テンキーレス BlackWidow V3 Tenkeyless JP – Yellow Switch レビュー

Razer ゲーミングキーボード テンキーレス BlackWidow V3 Tenkeyless JP – Yellow Switchが届きましたのでレビューしたいと思います。
まずはキーボードのタイピングに関しては、底付感も少なくてなかなか快調です。押下が1mmでクリック感がなくONになる仕様なので誤入力を心配したのですが、問題なしでした。
タイピングも早くなった気がします!

仕様などは私のブログをご参照ください。
Razer ゲーミングキーボード テンキーレス BlackWidow V3 Tenkeyless JP – Yellow Switch 購入

開封の儀

外箱は小型キーなので小ぶりです。イエロー軸が左に表示して合ってわかりやすいですね。

開けてみるとパッケージにすっぽり入っています。

付属品は、取説とシールが同梱してありました。

USBケーブルは太目で硬い感じです。キーはシボ加工がしてあります。

キーボードの重量は,800g強でキーボードとしては重め。重いほうが安定するので良い感じ

電源を入れて前側から写すと、キーが本体から浮いているのがわかります。ゴミなどが掃除しやすくて私的には良いですが、好き嫌いが分かれそうです。Razerのロゴが光らないのは残念・・・

押下感度

イエロー軸で、どのくらいの力でONになるを測定してみました。
ONになるまでの距離は1mm強で、30gから35gでONになります。やはり感度は高め。

押し込んだ時のキーの深さは4mm弱でした。

静音タイプのためクリック感がなく30g強でONになるので、人によっては誤入力が多くなりそうです。私は問題はありませんでした。

付属アプリなど

アプリはRazer社のHPからダウンロードするようになっています。

RAZER CHROMA RGB

RAZER CHROMA RGBというアプリはキーの照明が個別に割り当てられるので遊べそうです。
ゲーミングキーボードなのでマクロを細かくキーに割り当てが可能です。

音楽連動でキーボードを光らせてみました。
当然排他モードでは動かないので音質は低下しちゃいますが、雰囲気は最高です。
(iphoneのマイクで空気録音なので音が悪い・・・)

設定画面

いろいろいじってみると楽しいです。複合技もできます。

ただ調光するためには、アプリの常駐が必要なのがちと残念です。

ファームウエアーアップデート

Razerのアップデートダウンロードサイトはこちらになります。

Razer BlackWidow V3Tenkeylessファームウェアアップデーター| RZ03-03490
2021年9月7日更新| 回答ID:3518
該当する型番
RZ03-0349
ファームウェアv1.02.00_r1

型番が該当したので、アップデーターを当ててみましたたが、最新というメッセージが帰ってきました。とりあえず安心です。初期型ではチャタリングが起こるという話もありましたので、一度当ててみて確認したほうが良いですね!

まとめ

キーボードでいろいろ遊べるので、ゲーミングキーボードにして正解でした。当然キーボードとしての性能も十分で、実売価格1万円なら納得のお買い物だと思います。
ただメカニカルキーなので、押し込んだ時の音は多少します。それが嫌な人はメンブレン系のキーボードがお勧め、以下にRazerのゲーミングキーボードを3種類載せておきます。

2021年夏に出た接点なしのオプティカルキーボードです。

こちらはメンブレンのキーボード

関連記事

Razer ゲーミングキーボード テンキーレス BlackWidow V3 Tenkeyless JP – Yellow Switch 購入
メカニカル・キーボード NPET K6-01 購入・レビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました