AIYIMA A07Max 2号機到着 電源回路確認

AIYIMA A07Maxの評判を海外サイトなどで調べたら、おおむね好評でしたので追加で1台購入しました。
同じ中華アンプで値段が倍のHosi ZA3に音質も引けを取らないみたいです。

Aliexpressでのサイトはこちら

7469.0¥ 44% OFF|家庭用オーディオ,クラスD, 2チャンネル,AIYIMA A07 w,600 w,300w,x2,tpen3255用の高出力スピーカーアンプ| | - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

Amazonでは36VのACアダプター付きで購入できます。
PSE対応じゃないのがもったいないです。

A07Max 2号機到着 比較 

開けてみてパネルの色が濃いなーと思ったら、実際に前回のA07Maxより濃い色でした。
さすがです。前回も低域用・高域用と分かるようにビス色を変えていたので、私にとっては問題ないですけど、なんかなーという感じですね。

上側が今回届いたA07Max

A07Max 電源回路

内部もざっと確認しましたが、前送付されたA07Maxと部品は変わっていないようです。

しかし、リペアの跡がありました。
Q6・R58あたりです。はんだ付けが汚いのは・・・ 

A07Max 電源部詳細

電源部は前のA07から格段にグレードアップしています。

電流制御用NTCサーミスタが新たに追加(左上の緑の部品)
サージ電圧を抑える働きがあります。
MF-720.7D20という型番で、南京市恒電子技術有限公司のサーミスタのようです。

その下に初段のDC-DCコンバータ TIの石のようですが、印字が汚くて読めない・・・

全体

この辺は入力用のDC-DCコンバーターと5Vのシリーズレギュレータです。
DC-DCコンバータICの印字が汚くて良く読み取れません・・・
多分、入力が48Vの3A程度で出力がDC15V程度のDC-DCコンバータです。

A07Max DC-DC

5430と印字してあるのはTIのDC-DCコンバータTPS5430です。
こちらから12Vを作っているのかな?
発振周波数が500kHz前後なので、ノイズに対しても有利です。前のA07では、150kHzのDC-DCコンバータでしたからね。
参考記事:AIYIMA A07 改造6 電源部IC・CR交換

A07Max DC-DC

まとめ

AIYIMA A07Maxの電源回路をある程度追っかけてみました。
前より部品点数が多くなって、レベルも上がっています。
電源部は出力の電解コンデンサをOSコンなどに変更する程度になりそうです。

Topping PA5 II Plusの電源部をもう少し知れば、もっと上を目指せそうです。

Topping PA5 II Plus・Hosi ZA3などは、同じTPA3255を使っていますが、前のA07とは音質が全く異なります。A07Maxでそこそこ追いついたかなと思いました。

今のところ、TAP3255使用の市販のアンプでは、Topping PA5 II Plusが一番音質が良いみたいです。
しかし、5万近く出して買いたくないので、A07Maxを改造して楽しむことにします。

関連記事

AIYIMA A07Max 購入
AIYIMA A07Max 視聴&内部確認
AIYIMA A07Max 2号機到着 電源回路確認

A07の改造記事は、右上の検索からA07と入力していただくと出ます。

コメント