ELECOM LANケーブル CAT6A でオーディオ用LANケーブル作成

Amazonで5mで安いCAT6AのLANケーブルを使って、個別シールドのLANケーブル&USBケーブルを作ってみます。LANケーブルのインピーダンスは100Ω前後のためうまく特性を合わせてUSBケーブルも作りたいなーと思ってます。

Amazon で見つけた安いケーブル 5m

エレコム LANケーブル CAT6A 5m 爪折れ防止コネクタ cat6a対応 スタンダード ブラック LD-GPA/BK5
エレコム LANケーブル CAT6A 5m 爪折れ防止コネクタ cat6a対応 スタンダード ブラック LD-GPA/BK5

外見確認

包装は普通のLANケーブルです。

コネクターカバーは、RJ45と一体圧着してありました。これなら抜けないですね。
(片側を外して正規っぽい1mを作成と思っていたんですが無理そうです)

ケーブルの太さは約6mm弱

ケーブルにはAとBがありますが、Bのほうが作りやすいのでお勧めです。
事前にLANケーブルを確認します。爪側から見て右にオレンジがあればタイプBです。
注意点は中央側のGND線をクロスすること(下図参照)

今回のケーブルは爪側から見て右にオレンジがあったのでBタイプです。

ケーブル分解

CAT6Aのケーブルですので、各ツイストペア―線に十字のセパレーターが入っています。
シールドは無・線の径はAWG26-8程度の撚り線でした。

インピーダンスの測定

インピーダンスはケーブルのLCで計算できるので、測定してZ=√L/Cで計算できます。
使用する周波数が高いのでもっと高い周波数で測りたかったのですが、100kHzがMaxでした。

100kHzでLが3.17uH・Cが228.9pFでしたので、100kHzでのインピーダンスは117.8Ωです。
Lは周波数が高くなると減少するので実際に使う帯域では、もう少しインピーダンスは下がると思われます。

家にあるRJ45 CAT6用の撚り線コネクターを使おうと思ったのですが、Amazonで安いシールド付のコネクタがあったので使ってみます。

コネクター内でなるべく撚り線をほどかないで接続するのが、LANケーブルの特性を維持するために必要ですので、このタイプのケーブルを先に出すタイプのほうが有利だと思っています。

Amazon.co.jp: VCE 貫通式 RJ45コネクタ CAT6 CAT5E CAT5 シールド付き 干渉防止 配線簡単 STP/UTP対応 25個セット : パソコン・周辺機器
Amazon.co.jp: VCE 貫通式 RJ45コネクタ CAT6 CAT5E CAT5 シールド付き 干渉防止 配線簡単 STP/UTP対応 25個セット : パソコン・周辺機器

構想

先人たちが色々検討した内容で100baseTのみとして不要な部分は、ターミネートします。
又、各ツイストペア―は個別に銅網線でシールドし、セパレーター+全体のシールド+コネクターのシールドも行い、ノイズに対して最大限に強化したいと思います。又、使っていない1000baseT以上のトランシーバーをターミネイトし、余計なノイズを減らします。

この場合の最大の欠点は、100baseTのみの対応になることですが、家のネットワークは遅めなのでOKとしちゃいます。まずはトライです。

上記をイメージ化した物が下図です。オレンジは51Ωの抵抗でXターミネーターで使います。
こちらは1000baseT側のトランシーバーのターミネートです。
Xターミネーターのアイデアは、かないまるさんのHPを参考にしました。どうもありがとうございます。

次に作ろうとしている空き端子用のターミネーター
Xターミネーターを1000baseT側にも使用します。

調べたらアリコバさんでも同じようなものを出していますね。

アコースティックリバイブ ACOUSTIC REVIVE LAN ターミネーター AR-RLT-1K
ハブやルーター、NASやネットワークプレーヤーなどの空きLANポートはノイズの混入源となっています。 また、それらのネットワーク機器は全て機器自体からのノイズ発生と電源のACアダプターなどからも盛大なノイズが発生しているため、尚更LANポートへ盛大なノイズが飛び込み影響は深刻です。 RLT―1を空きLANポートに装着す...

今回使用するLANコネクター
外側にシールドが付いていて貫通式なので選びました。

VCE 貫通式 RJ45コネクタ CAT6 CAT5E CAT5 シールド付き 干渉防止 配線簡単 STP/UTP対応 25個セット
本製品はシールド付き貫通式RJ45コネクタ。CAT6 、CAT5E、CAT5ネットワークケーブルに適用。直径:0.93 mm〜1.04 mm、AWG:24のワイヤに適する。配線しやすい貫通式設計はワイヤーを貫通させて、配線の順番を良く識別でき、配線ミスを減らす。シールド付き設計は干渉に強い、より安定的な信号伝送を提供で...

又、パルストランスによるアイソレーションも検討していきます。

まとめ

前から構想があったのですが、後回しにしていましたがLANケーブルでの疑問がFBで上がっていたので、作ってみるかと思い立ち、書きかけだった記事を完成させました。
私の考えでは、LANケーブルで音が変わるのは、トランシーバーなどのノイズが回り込んでいるのが原因だと考えています。
光でアイソレーションしたり、パルストランスでアイソレーションしたりノイズ対策をすれば相当なレベルになると考えます。

まだ物がそろっていないので作成は後になりますが、急いで作って記事にしたいと思います。

関連記事

ELECOM LANケーブル CAT6A でオーディオ用LANケーブル作成
ELECOM LANケーブル CAT6A でオーディオ用LANケーブル作成 LANコネクター 確認編
オーディオ用LANケーブル作成 視聴比較用ケーブル作成
オーディオ用LANケーブル 完成せず
CAT7 ワンタッチLANコネクター 確認してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました