保温トレイに温度コントローラで低温調理

多層基板の下側からの加熱用に購入した東芝の保温トレイに、温度コントローラを取り付けて低温調理器にしてみました。(ほんとはihoneのデジタイザー剥がしをしてみたかった)
購入時のレビューはこちら
まずは仕上がりが分かりやすい温泉卵を作ってみます。
卵は65度で黄身が固まり75度で白身が固まるということで、67度で1度下がったら再加熱というモードにして試験をしました。

まずは75度にしたお湯に卵をドボン。サーミスタを入れます。

しばらくすると温度がどんどん下がり64.6度になりました。

ここから持ち直すかと思ったのですが、どんどん下がります・・・
ヒーターが90wしかなく熱が逃げるほうが速いみたいです。
しょうがないので蓋をしたところ、温度が上がり始めました。冬だと周りを囲わないと無理かもしれません・・・・

そんなこんなで、本当は20分で加熱終了なところを30分余り加熱してしまいました。
しかし、結構きっちり温泉卵ができました。時間が少し長かったので黄身は少し硬めです。

アノーバが欲しかったのですが、これで低温調理もできそうです。7000円ほどですし!
次は肉をがっつり行きたいですね。
次は保温用に周りにシリコンシートを張って実験です!

使った温度コントローラはこちら

Amazon | DIGITENデジタルLCDサーモスタット配線済み温度コントローラー暖房冷却2ステージアウトレット | コントローラ | 産業・研究開発用品 通販
DIGITENデジタルLCDサーモスタット配線済み温度コントローラー暖房冷却2ステージアウトレットがコントローラストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
ブログランキングに参加しています。ポチっとお願いします。

おうち居酒屋ランキング


コメント

タイトルとURLをコピーしました