スーツケースの修理 その2(ボディ割れ修理)

 取っ手を持つと力がかかるところが、3か所ほど割れています。
 ポリカーボネート製のボディですので、接着剤で埋める方法だとすぐ割れてしまいます。いろいろ調べていると、ポリカーボネイトは二酸化メチレンで溶けるようです。
溶かしたポリカーボネイトを補強して修理できれば完璧です!

 溶けたポリカーボネイトの強度がどうなるのかは、調べてみましたがよくわからなかったので、強度実験をしてから作業したいと思います。

材料

  • ポリカーボネイト板        小1枚
  • アクリル接着剤           1本
  • グラスファイバーメッシュテープ    1巻(使用は2m程度)
  • 溶剤を入れる瓶           1本
  • 400番くらいの紙やすり        1枚
Amazon.co.jp: 光 ポリカーボネート板透明 KPAC301-1 ポリカーボネート板: 産業・研究開発用品
Amazon.co.jp: 光 ポリカーボネート板透明 KPAC301-1 ポリカーボネート板: 産業・研究開発用品
Amazon.co.jp: アクリサンデー アクリル接着剤 注入器付 30ml 14-3201: ホビー
Amazon.co.jp: アクリサンデー アクリル接着剤 注入器付 30ml 14-3201: ホビー
Amazon | 50mmソフトメッシュテープ グラスファイバー製ジョイントテープ 50mm巾 x 153M | ファイバーテープ | 産業・研究開発用品 通販
50mmソフトメッシュテープ グラスファイバー製ジョイントテープ 50mm巾 x 153Mがファイバーテープストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

初期検討

 まずは、ポリカーボネイトを溶かして、固めた場合の強度を確認します。

 瓶に細かくしたポリカーボネート板をいれ、アクリル接着剤を入れ、限界まで溶かします。

  ポリカーボネートを溶かした接着剤を10cm×3cmのポリカーボネート板の端1cmくらいに塗布して、重ね合わせ、乾燥したら折れない程度に曲げてみます。
これでヒビなどが入れば、強度が低下していてだめですが
 写真を忘れましたが、特に問題なさそうです!

グラスファイバー 線膨張係数(/℃) 5.0×10-6
ポリカーボネイト 線膨張係数(/℃) 6.8×10-5
で8倍くらいの差がありますが、内部に埋め込むような形になりますので問題ないことにします。

実作業

 スーツケースの内張をはいで、ポリカーボネイトの部分を紙やすりで少し荒らします。割れ部分の周りにグラスファイバーメッシュテープを張り、ポリカーボネイトを溶かした溶剤をテープ全体に塗っていきます。

乾いたらグラスファイバーテープを張り、塗り重ねていきます。

取っ手の裏側も強化のために、貼っては塗るを繰り返します。

 溶剤の匂いは結構やばいです。できれば有機溶剤用のマスクが欲しいです。

強く押しても、全体的にたわむようになりました。強度的にも問題なさそうです。
最後は取っ手の交換になります。

スーツケースの修理は以下のリンクから飛べます。
スーツケースの修理 その1(車輪交換)
スーツケースの修理 その2(ボディ割れ修理)
スーツケース 修理 その3(取っ手 交換)

ブログランキングに参加しています。ポチっとお願いします。

自作PCランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました