AIYIMA A07 2号機・改造2 メイン電源コンデンサ強化

12V系の電源にLを追加して音が良くなったのに気をよくして、メインの電源系のコンデンサを強化します。裏側にチップ積層セラミックコンデンサを付けたいと思います。

前回記事:AIYIMA A07 ツィーター用2号機を購入・改造

改造案

1.0Ω抵抗をチップインダクタに変更
2.メイン電源の電解コンデンサの強化
3.出力フィルタの交換
4.平衡入力に変更(

1.は前回完了して上々の評価でしたので、メインの電解コンデンサを強化したいと思います。
最終的に容量UP予定です。
D級アンプだとPWMで600kHz(TPA3255の場合)を切り替えるため、過渡特性を上げようと高周波特性が良いチップ積層セラミックコンデンサの高耐圧タイプを使います。電解コンデンサーのリードピッチが7.5mmなので5750タイプ250V/1uFを基板の裏に付けます。
少し長さが足りなかったので、斜めに付けて長さを稼いでします。
又、コンデンサの鳴きが出るといやだったので、基板に密着実装しています。

筐体までの距離が基板から3mm弱しかないので取り付けると1mmしかクリアランスがありません・・・危険防止のためにカプトンテープで保護します。

カプトンテープ
260℃まで耐えることができる耐圧絶縁テープになります。
今回は30mmの物を使いましたが20mm幅で充分です。

視聴&まとめ

過渡特性が上がったと思われるので、視聴をして見ました。
明らかに切れが良くなり、全体的に元気な音になったと思います。
この改造もなかなか良い感じでした。

電源の電解コンデンサは大きさの制限が大きく、容量を増やすと耐圧を下げないといけないので、このままでいこうかと思っています。

愚痴・・・TPA3245をマウザーさんに8月に頼んでいるのですが、2度の出荷延長で2023年2月になってしまいました・・・。出力は減りますが歪などの特性は上がるので、32V程度で動かすのならこちらに張り替えちゃおうと思っていたのですが・・・次は伸びないよね・・・

注意:面実装の部品をリードタイプの部品のランドに付けるのは、基板や他の部品と熱収縮係数が異なるので、部品の割れにつながる恐れがあります。長期の安定稼働にはお勧めできない改造ですので、自己責任で行ってください。

関連記事

初号機
AIYIMA A07 購入・分解 レビュー
AIYIMA A07 改造1 リファレンスと比較
AIYIMA A07 改造2 出力系の改造
AIYIMA A07 改造3 TPA3255 12Vに LCフィルターを入れる
AIYIMA A07 改造4 電源部IC検討
AIYIMA A07 改造5 アンプ突入電流対策検討
AIYIMA A07 改造6 電源部IC・CR交換
AIYIMA A07 改造7 コンデンサー交換の弊害
AIYIMA A07 改造8 オペアンプ交換 視聴
AIYIMA A07 改造9 LTC6227の歪検討
AIYIMA A07 改造10 出力のCRフィルターカット
AIYIMA A07 改造11 電源コンデンサをOSコンに 再改造

2号機
AIYIMA A07 ツィーター用2号機を購入・改造
AIYIMA A07 出力 LPF コンデンサ音質比較1
AIYIMA A07 出力 LPF コンデンサ音質比較2
AIYIMA A07 出力 LPF インダクタ改造
AIYIMA A07 2号機 で空気録音をして見た

コメント

タイトルとURLをコピーしました